有害なメディアおよびSIのスクリーニングツール

顧客または見込み顧客が重大な犯罪の法的プロセスに関与しているかどうかを特定することは、効果的な AML コンプライアンスにとって不可欠です。

リスクスクリーンコアとRiskScreenバッチを燃料とするダウ・ジョーンズのデータには、Factivaから週に200万件の記事をスキャンするグローバルメディアから得られたインテリジェンスが含まれています(ダウ・ジョーンズ40年前のアーカイブは28言語で32,000以上のソースを記録しています)。

  • 破損
  • 金融犯罪
  • 組織犯罪
  • 人身 売買
  • テロ
  • テロ資金供与
  • 税務犯罪

データ品質保証

世界的に承認されているするダウ・ジョーンズのデータは、68ヵ国の言語にまたがる24時間運営であります。また、ダウ・ジョーンズが提供するデータは世界に渡り5ヵ所の研究所によって維持されています。加えて、ダウ・ジョーンズの研究者の50%以上が修士号または博士号を取得されております。

ダウ・ジョーンズの利点であり、研究者にとって欠かせない情報源が「Factiva」です。Factivaは40年に渡り、3万2千個以上の情報源を頼りにするアーカイブシステムです。ダウ・ジョーンズは当システムを28ヵ国の言語対応を可能にしております。年中、およそ数十万通の情報がFactivaへ追加されます.

ダウ・ジョーンズはISAE3000レビューに合格した最初のリストプロバイダーであり、データ品質保証メカニズムの一環として、ダウ・ジョーンズ制裁データが監査され、国際規格に認定されています。

ダウ・ジョーンズ上のデータは、以下のAML/KYCスクリーニングの目的で信頼されています。

  • 米国の大手銀行4社中3社
  • カナダの大手銀行5社中6社
  • 中国の大手銀行45社中44社
  • 日本の大手銀行7社中5社
  • スペインの大手銀行6社中5社
  • フランスの大手銀行5社中4社
  • 北欧の大手銀行5社中4社
    ヴォルフスバーググループ13社中7社

偽陽性

当社の次世代スクリーニング技術経由でダウ・ジョーンズのデータを活用することで検出結果は精密な一方、他スクリーニングプロバイダーと比較して最大90%の偽陽性結果を低減できるため、非常に高いレベルの信頼性をお客様へ提供できます。

組織

データは、スクリーニングエンジンが一貫した方法で正確な結果を提供できるように適切に整理する必要があります。

データ ソースは、二次制裁の所有権データを含め、可能な限り広範である必要があります。

精度

データは常に維持され、可能な限り最新かつ正確である必要があります。

Dow Jones Data

エイリアス データ

多くの「悪い俳優」は、エイリアスを利用する企業と関わり合っています。最適なデータ・セットには、最も多くのエイリアス・データが含まれます。

画像

画像は、ユーザーが潜在的な一致が真か偽かを識別するのに役立ちます

言語

最適なデータセットは、できるだけ多くの言語でデータをキャプチャします。

ダウ・ジョーンズ・データ品質レポート

ダウ・ジョーンズのリスク・コンプライアンス・データ品質レポートは、前年実績に関する情報と統計を共有しています。