リスクスクリーンを使用する業種

各業界セクターには、顧客、サプライヤー、従業員、カウンターパーティをスクリーニングしてリスクプロファイルする必要性を支える固有の要件があります。

例えば、金融サービス業界では、マネーロンダリング防止法を遵守することが主な目的ですが、抽出産業では贈収賄や汚職のリスクを管理することが目的です。すべての業界で、評判のリスクを管理したいという明らかな願望があります。